カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 惜しかった!!【とねっこ通信】 | 優駿読みました&予想【とねっこ通信】 »

2007年11月29日

小さな希望の星【とねっこ通信】

ジャパンカップは、いいレースでしたね。
実力伯仲とはまさにこのことです。

とりわけ注目は、ポップロック。
パドックからレースまで、ほぼこの馬ばっかり見ていました。
深い踏み込みと、尻尾をプンプン振りながらリズミカルに歩く仕種は、柔軟でかつエネルギッシュな印象。
そして、ゴールまでのテンション。
やっぱり、素晴らしい馬でした。
インをついたムーンに皆まとめて屈してしまいましたが、サムソンもウオッカもさすが!強かったです。

しかし、馬券は、ポップロックの単複にサムソンとのワイド、さらにウオッカを加えた三連複でいきまして、見事なまでのトリガミ。
残念!!!

でも、金曜日に東京8R、2着だったカラブランの複勝と勝ち馬のワイド(弱い…)、その数分後に行なわれた京都8Rで2着トーホウレビン(生産牧場はウチではないです)と3着馬のワイドが当たったので今週は、割とプラスで終われました。
身内馬券に救われてます。ハイ。

(写真)最近、登場の多いきょじゃ君の立ち姿。
kyoja1.JPG

ポップロックの甥っ子、ラブポップスの07。
父トーホウエンペラー 母の父エルコンドルパサー

5月28日生まれと今年一番の遅生まれのうえに初子で小柄ですので、同期の子達と比べると一回りもふた周りも成長が遅れている感じですが、大きい相手にも負けじとつっかかっていきます。
歩かしてみたときの踏み込みの深さも目を見張るものがありますし、血は争えません。

先日、地方交流重賞の南部駒賞を制したトーホウノゾミ、中央で頑張るトーホウカラブラン、トーホウアタック。
多くの人の力添えを得て、少しずつですが、結果を出してきてくれているトーホウエンペラー産駒たち。
彼らに続いて、けっこうやってくれるかも?
いまは、まだ小さいけれど、希望の星です。

飯田秀倫

同期のエンペラーっ仔も忘れずに。

(写真)ようこたん
yoko.JPG
母の父A.P.Indy 兄トーホウバルカン(岩手1勝)

(写真)アンニチャン
anni.JPG
母の父Vicar 初子

banner2.gif にほんブログ村 競馬ブログへ
励みになります、ランキングのワンクリック応援、お願いします^^


※竹島牧場さんへの応援メッセージをお送りください^^  こちらからどうぞ
blandfordがいったんお預かりして、責任を持ってお渡しいたしますm(_ _)m

日時: 2007年11月29日 10:23
カテゴリー: 牧場便り