カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 中山芝2200は前有利【今週の見どころ】 | ブルーコンコルド【今週の注目馬】 »

2007年01月23日

コース適性【今週の見どころ】

どうでもいい話ですが、「てきせい」と打って変換するとまず出てくるのが『適正』という字なので、『コース適正』という日本語が最近は増えています(^^; しかし正しくは『適性』ですので、競馬ファンは変換を2回押すようにいたしましょう(^^;; 『適正』『適当で、正しいこと』という意味です(^^;;;

さてそれで。
競馬には「力と速さを競う」という面があるのはもちろんですが、たいていの場合、それ以上に重要になってくるのが「コース適性を競う」という面です。
今週から始まる府中では、イメージとしては「ビビッドな瞬発力」よりも「じりじりと伸びてくる持久力」が重要。一瞬ものすごく切れる脚を使っても、直線が長いので最後体力切れしてしまうケースもあります。

さてさて、それで。
今週の東京新聞杯、コース適性を競い合う競馬になると思うんですが、注目したいのは「他の競馬場だとさっぱりダメだけど、このコースに来るとやたら好走する」というタイプ。

エアシェイディみたいに、誰が見ても強い上に東京コース【4・2・0・0】のようなコース巧者だと、これを買わないのはよほどの理由がない限りムリ。
そしてスズカフェニックスのように、前走いい競馬で「ちょっと脚を余しての敗戦」、しかも東京コース【0・1・2・0】のような巧者も、まず買っておいたほうが無難。

今回注目なのはその2頭じゃなくて、どうもまた人気がなさそうな馬なんです。
大体皆さんお分かりと思うんですが、その馬の府中の戦歴をずらっと並べてみると、

レース名 着順 人気
2002 NHKマイルC 11着 16人気
2004 キャピタルS 1着 8人気
2005 東京新聞杯 2着 7人気
2005 富士S 3着 1人気
2006 東京新聞杯 8着 9人気
2006 富士S 1着 16人気

3歳春のNHKマイルCは成長途上だったと見てカウントからはずすと、古馬になってからは東京の芝で【2・1・1・1】の巧者ぶり。しかも平均人気が8.2番人気。
ここまで人気がないというのは、他の競馬場でまったく結果を残せないからなんです。惨敗して府中に戻ってくると、いつも「調子落ち」とか「終わった」と思われてグズグズに人気を落としてしまいます。

今年は忘れずに買いましょう、キネティクス。
富士Sであの強いエアシェイディとスズカフェニックスを豪快に差しきったのは、この馬なんですから。

banner_03.gif
応援よろしくお願いしますm(_ _)m


日時: 2007年01月23日 02:57
カテゴリー: