カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 紫苑Sの3連単43万馬券を的中させた会員様からのメール【blandford】 | 別の会員さんが送ってくださった単勝68倍、複勝41倍の馬券もご紹介しましょう【blandford】 »

2011年10月01日

馬体均整理論、これってやっぱりほかでは見たことがないぐらい面白いです【blandford】


こんにちは、ケイバライフ!のblandfordでございます(^^)
先月、久しぶりに僕の書いた「穴馬発見完全マニュアル」をご購入いただいた方がいらっしゃって、僕も久々に全文読み返してみたんですが・・・


自分で言うのもなんですが、いや~、これはやっぱり面白い!
ほんと、自分で言うのはどうかと思いますが(笑)、力作で、自分自身改めて初心に戻って学び直したりしてしまいました(^^;


で、やっぱり皆さんに自信を持ってお勧めできるので、久々にご紹介させていただきます。


下記は、運営会社さんが入っていたときに作ってくれた広告です。
マニュアルのことがよく伝わると思いますので、再度掲載します。

ぜひ「穴馬発見マニュアル」を読んで、自信満々で秋競馬を迎えてください(^^)


〓〓〓(以下、以前の運営会社さんが作ってくれたマニュアルのご紹介です)〓〓〓〓〓〓〓


midasi_1.gif

さて、このページをご覧いただいているということは、あなたは「穴馬探し」に興味がおありのはず。
そして、競馬の楽しさの多くは、「自分で予想・推理すること」にある、と思っておられるはず。
今日は、そのような方にうってつけの、穴馬発見マニュアル(A4換算149ページ、PDFファイル)をご紹介いたします。これこそまさに、馬券でトータルに勝つための、最終兵器。

このマニュアルは、当サイト・ケイバライフ!の先行発売で爆発的な売れ行きを見せ、圧倒的な支持を集めた大人気商品です。
ケイバライフ!の古くからの読者様は、みなさん、増田英樹氏の穴馬ハンターとしての実力をよく知っているので、この売れ行きも納得というところ。

ただし、このマニュアルに書かれていることは、「コレさえやれば簡単に取れる」式の、いかにも「誰にでもできそうな必勝法」(←実は必勝法でもなんでもない)・・・とは、明らかに一線を画するものです。

ですので、次のような必勝法を探しておられる方は、このページを見ていただいても時間の無駄ですので、お帰りいただいたほうがいいかもしれません(^^;)

batu.gif たとえば、「前走通過順」をチェックするだけで勝てる!・・・的な必勝法

batu.gif たとえば、前走の上がり3ハロンだけを見れば勝てる!・・・的な必勝法

batu.gif 元競馬関係者の誰それが入手した確勝情報!・・・的な必勝法

batu.gif 大手馬主筋から仕入れた帯確実情報!・・・的な必勝法

batu.gif 先週も300万円ゲット!・・・的な必勝法

batu.gif 勝ち馬を知らせる新たなサインが分かった!・・・的な必勝法

こういう必勝法をお好みの方は、ここにはありませんので、あしからず(^^;)

とは言ってももちろん、マスターするのに何年もかかるようなものではなくて、今週の競馬からすぐに使える、究極の穴馬発見方法もガッチリと解説されていますので、秋の天皇賞の穴馬探しをしたい!という人にも超オススメ。

midasi_2.gif

check.gif 競馬ってそんなに簡単に勝てるもんじゃないよね、と、知っている方

check.gif いろいろな必勝法を試したけど、そのどれにも満足したことがない人

check.gif 予想会社の情報を買ったことがあるけど、まったく当たらなかった人

check.gif 変化球の必勝法ではなく、本格派の理論で勝ちを収めたい人

check.gif パドックで、走る馬と走らない馬を一発で見分けられるようになりたい人

check.gif 自分の馬券力を、格段にアップさせてくれるツールが欲しい人

check.gif 自分なりの馬券戦術があるが、それをもう少し強いものにしたい人

上で書いたような、「300万円獲得!」は勇ましいですけど、そのために「でも500万円使ってます」だったら、どうします?(笑)
あと、いわゆる競馬の「インサイド」の情報を元に勝とうというのは、いかにも競馬初心者の方が陥りがちなワナ。競馬の「内部情報」がどのようなものかは、増田氏がマニュアルでかなり詳しく解説していますから、そういうことに興味のある人にとってもかなり面白いですよ。


midasi_3.gif



∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇

興 味 を 持 っ た 方 、 さ ら に 読 み 進 め て み て く だ さ い 。

∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇




あなたも、100倍を超える極上の穴馬を発見できる!
これこそ、本格派のための穴馬発見バイブル!

hyousi.jpg
◆ファイル形式/PDF ◆ページ数/A4換算で149pの大ボリューム!


このテキストに収められているのは、

(1)4000近いレースを解析して抽出された、穴馬激走の24のパターン。
(2)パドックで走る馬と走らない馬を見抜く、誰も知らない「馬体均整理論」。
(3)穴馬券が生まれる仕組みを解明した、「日本の競馬の秘密」に関すること。


の3つです。A4換算にすると、149ページもの大ボリューム。どのページにも、馬券ファンに取っての新しい発見がいっぱいです。

この理論の驚くべき実力を、
最近の事例で実証いたしましょう。


【事例1】
例えば、増田氏は、この理論を使って、2010年の札幌で馬連16万馬券を◎-◯で取っています。
しかもこのレース、3連単156万オーバーの配当でしたが、3連単を買う方ならその配当にたった3点で手が届いているのです。(ピックアップがわずか5頭だけのため)↓↓↓
※当たるパドックの代名詞「パドックチャレンジ」を、毎週土日の午後に公開しています。トップページをブックマークして、ぜひ見にいらしてください。
midasi_4.gif


【事例2】
2010年毎日王冠のパドックではアリゼオを単推奨、そこからわずか5頭の推奨で、エイシンアポロン、ネヴァブションを拾い、単勝1,580円、馬連7,680円、馬単15,970円、3連複40,990円、3連単315,200円を完全的中。5頭の推奨でこの実力は、まったく驚嘆のひとこと。↓↓↓
midasi_5.gif


【事例3】
毎日王冠と同日の本栖湖特別。これは、9頭立て8番人気のコスモへレノスが勝って、2着が7番人気のグッドバニヤン。これを、コスモへレノスの単推奨から、単勝4,010円、馬連17,930円、馬単39,290円を完全的中。↓↓↓5頭のピックアップで、ここまでできる理論って、ほかにありますか?
midasi_6.gif


【事例4】
2010年スプリンターズSでは、まったく人気のなかったウルトラファンタジー(10人気、単勝2,930円)をゲット。さらに馬連9,900円、馬単22,400円も的中。なぜここまでズバズバ穴を取れるのか、あなたもたぶん興味ありますよね?↓↓↓
midasi_7.gif


【事例5】
増田氏(HN/blandford)が、競馬の秘密に気づいたのが2010年の夏。まだ誰も知らなくて、増田氏だけが知っていると思われる「大きな秘密」が、彼をここまで勝たせているもうひとつの理由です。その秘密の一端を少しだけ垣間見られる、この↓記事は、きっとあなたの興味をひかずにはおかないでしょう。↓↓↓
midasi_8.gif


【事例6】
もう事例は十分ご納得いただけましたか?もし納得いただけた方は、スクロールして次の項目をどうぞご覧ください。「いやもう少し!」という方のために、今度は「パドックチャレンジ」で、1日に2回も3連単20万近い配当を推奨した実績を御覧いただきましょう。↓↓↓
midasi_9.gif


【増田氏がここまで穴馬を発見して、勝てる理由】
〓〓勝つ理由(1)〓〓
★スポーツ医学をベースに完成された「馬体均整理論」によって、パドックで「走る馬」と「走らない馬」を高い精度で見分けられるため。
〓〓勝つ理由(2)〓〓
★4000近いレースを分析し、「穴馬が激走する理由」は24しかないことを発見したため。
〓〓勝つ理由(3)〓〓
★優駿ライター時代の豊富な取材実績と、10,000頭を超えるレースでのフットワーク分析、そしてさらに30,000頭を超えるパドックでの馬体解析を通して、日本競馬の秘密をとうとうつかんだこと。


この3つのことを、皆様に向けて分かりやすく書き下ろしたのが、今回ご紹介する「オッズ40倍超の穴馬を狙って取れる!穴馬発見完全マニュアル」なのです。


ico_arrow8c_r.gif 競馬は、負けても楽しいが勝つともっと楽しい



∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇

こ こ か ら 下 の 情 報 は  、

ト ー タ ル で 勝 ち を 目 指 し た い 方 だ け 、 

読 ん で く だ さ い 。

∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇


あなたは、馬券を当てるために必要な「日本競馬の秘密」に、
どれぐらい気づいているでしょうか。


馬券を当てるためには、競馬に隠された大きな秘密に気がつかなければなりません。
そしてそのためには、「丹念に調べれば分かる」事実は、知っておかなくてはなりません。
しかし、「でもいった、どんな事実を調べておけばいいのか?」という疑問がありますよね。
では、次の質問項目を見てください。あなたはいくつ、即答できますか?

【馬券を当てるための大前提となる質問】
 ◎年間の平地の全レースが、何レースあるか、あなたはすぐに答えられますか?
 ◎そのレース数に隠された謎。だれかこれに気づいている人はいるでしょうか。

【馬券を当てるために、とても重要な質問】
 ◎単勝最終オッズ20倍を超える『穴馬』が、年間どれぐらい馬券に絡んでいるか、知ってますか?
 ◎単勝最終オッズ100倍を超える馬を絡めた馬券、取ったことはありますか?
 ◎では、単勝最終オッズ100倍を超える馬は、1年で何頭ぐらい馬券になるか、ご存じですか?

【競馬が好きなあなたに、普通の質問】
 ◎20倍を超える単勝馬券、月に何回ぐらい取りますか?
 ◎馬連万馬券は、月に何回ぐらい取りますか?
 ◎そういう穴馬券は、どうやって取るか知っていますか?

【馬券で勝ちたいあなたに、気になる質問】
 ◎パドックで、「必ず消せる馬」を一発で見抜く方法は知ってますか?
 ◎馬には、「走れる形」と「走れない形」があるのは、知ってましたか?
 ◎また、レースによっては、半分ぐらいが「そもそも勝負にならない馬」だって、知ってましたか?
 ◎なのにどうして、ものすごい数の穴馬が激走するのでしょうか。そこに、競馬の秘密があります。


穴馬が激走する理由は、24しかない。
たとえそれが200倍を超えるような大穴であっても。
これこそが、今すぐ使える秘密の穴馬発見法則!


あなたは、穴馬が激走する理由って、たったの24通りしかないことをご存知でしたか?
これを知らないと、狙って穴馬券は取れません。

増田氏は、4000近いレースを詳細に分析し、穴馬が激走する原因を分類、24の理由を発見しました。
どんな穴馬も(もちろん100倍を超えるような穴馬さえも)、この24パターンのどれかに
あてはまることが、本テキストの中にはっきりと示されています。

昨年のスプリンターズSを10番人気で1着したウルトラファンタジーは、典型的な、「穴馬激走第1法則」の馬。

また、同じ日の中山、8レースで単勝252.6倍の大穴をあけたレジェトウショウは、第1法則第4法則、そして典型的な第14法則の馬。

さらに、2009年のG1で穴を開けたダークホースたちは、全馬が24法則のどれかをいくつか併せ持った馬だったことも分かっています。

もっと言うなら、2010年のダービーで単勝3,190円もついたエイシンフラッシュは、典型的な「穴馬激走第1法則」ですし、しかも第3法則・第11法則・第13法則を併せ持っています。
宝塚記念を単勝37.8で勝ったナカヤマフェスタも、なんとこの第1法則。これは、馬柱を見れば一発で解ります。

本書では、実際の穴馬の実例も紹介しながら、「穴馬が突然走る、たった24の理由」を詳細に解説 しています。

  ◎あなたは、穴馬激走の理由の24のうち、いくつぐらいを想像できますか?
  ◎そしてあなたは、「走る馬」と「走らない馬」の形を、しっかり見分けられますか?
  ◎あなたは、競馬の「裏情報」のリアルな姿を、見たことはありますか?



なぜ、単勝最終オッズ284.8倍の馬を、自信を持って
買えるのでしょうか。
その裏には、誰も気づいていない、
日本競馬の大きな秘密があるのです。


穴馬の激走率は、おそらくあなたが考えているよりもはるかに高いものです。
また、単勝最終オッズ100倍を超える馬の激走も、あなたの直感よりも、はるかに高いでしょう。

2009年、競馬の開催日数は全部で288日間ありましたが(たとえば4回中山初日を「1日」と数えます)、 この288日間のうち、「単勝最終オッズが20倍を超える穴馬」が馬券にならなかった日は、なんと1日もない のです!毎日、穴馬が激走するのが競馬。

なぜ、そんな事が起こるのでしょうか。その裏には、大きな、競馬の秘密があります。
その大きな秘密を、元「優駿」ライターの増田英樹氏が、10年がかりの膨大な作業を通して、解き明かしました。

  ◎数多くの優駿の取材を通して得た、競馬の裏側の情報
  ◎10,000頭を超える、レースでのフットワークの詳細な分析
  ◎30,000頭を超える、パドックでの馬体の解析
  ◎4,000近くものレースの、穴馬激走の理由の解析

日本中の競馬ファンで、この4つを同時に真似できる立場にいる人は、ほとんどいないでしょう。
この、10年がかりの作業を通して、増田氏だけに見えてきた「日本競馬の大きな秘密」とは・・・?

そして、なぜ、穴馬は激走するのか?
その裏側では、いったい何が起こっているのか?

今回お届けする「オッズ40倍超の穴馬を狙って取る!穴馬発見完全マニュアル」の中には、
「なぜ、単勝最終オッズ284.8倍の馬を、自信を持って買えるのか」が、ハッキリと、理詰めで、 誰もが納得できるような形で、具体的に書かれています。


この大きな秘密を解明する鍵を、あなたにもそっとお渡ししたいと考えています。


★★〓〓〓〓このテキストは、こんな方にオススメです。〓〓〓〓★★

 check.gif 競馬歴が3年以上の中級者~ベテランの方。

 check.gif 自分で穴馬を見つけて、穴馬券をゲットしてみたい方。

 check.gif これまでの馬券必勝法では、なかなかトータルに勝てないと思う方。

 check.gif 誰でもできる前走着順チェックや通過順チェックなど、「これさえやれば」式の
   馬券術ではなかなか勝てない、と知っている方。

 check.gif すぐに使える、穴馬激走の24パターンをぜひ知りたいと思う方。

 check.gif 悪徳(かもしれない)予想業者に泣かされたことがある方。

 check.gif オッズ100倍を超える極上の穴馬を、パドックで見つけてみたいと思う方。

 check.gif パドックで、一発で消せる馬の特徴を知りたい方。

 check.gif 日本の競馬が、どのような秘密の上に成り立っているのか知りたい方。

 check.gif 競馬のインサイド情報が、実際どのようなものかに興味のある方。

 check.gif 競馬に100戦100勝などないと知っている人。1勝99敗で勝つ100万馬券
   狙いよりも、7勝3敗、あるいは6勝4敗ペースで、トータルで勝っていきたい方。

★★〓〓〓〓半永久的に使える、このテキストの特徴〓〓〓〓★★

 check.gif サラブレッドに関する不変の事実をベースにしていますから、10年20年、半永久的
   に使えます。

 check.gif 優駿誌での豊富な取材実績と、10,000頭を超えるフットワーク分析、そして
   30,000頭を超えるパドック解析を通してつかんだ、誰も知らない日本競馬の驚愕の秘密を、
   明らかにしています。これであなたも、穴馬券を自信を持って買うことができます。

 check.gif 一般のメディアやブログには書けなかった、競馬のリアルな裏側の姿を垣間見る
   ことができます。

 check.gif 新しくなったクラス分けシステムの裏で、どのような事態が進行しているかが分かります。

 check.gif 競馬前日のチェックで、すぐに分かる「穴馬激走の24の法則」について、事例を
   もとに詳細な解説をしています。これにより、単勝万馬券となるような可能性を持った馬も、
   事前に抽出しておくことが可能です。

 check.gif サラブレッドという動物の特質と、それをどうやって馬券に活かすかが分かります。

 check.gif 初公開となる、馬券必勝法の最終兵器「馬体均整理論」に関して、具体的な
   記述で、馬のどこをどう見ればよいのか解説しています。

 check.gif ご購入者の方には、後日、増田英樹によるメールサポートがついています。
   (サポートの方法に関しましては、別途ご案内いたします。)

 check.gif 中央競馬はもとより、地方・海外でもまったく同じように使えます。


∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇


hyousi.jpg
◇書籍ではありません。PDFファイルでのお届けとなります。
◇A4換算149p
◇秋競馬開幕キャンペーン価格 ※価格有効期間/2011年10月10日
定価24,800円 →→ 15,800円!(税込)


mousikomi.gif


okyaku.gif
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いつも大変お世話になっております。

穴馬発見 完全マニュアル
購入させて頂きました。
本当に楽しく、勉強させて頂いてます。

毎日王冠はしっかり三連単315,200円を取らせて頂きました^^
僕も昔から穴馬が大好きで、blandfordさんには前々から共感させて頂いてました。
今後とも何卒宜しくお願い致します。
フルスイング様

mainichi.jpg

↑↑暗くて見えにくいかもしれませんが、なにげに、払い戻し150万円オーバー!スゴイ!(藤本)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「日本競馬の秘密」を参考にさせていただいています。ありがとうございます。

おかげさまで、23日(土)京都10R古都ステークスでは、単勝万馬券のロードキャニオンを買い目に入れることができました。
以前の私なら、ありえないことです。

グリーンチャンネルも見れる環境でなく、本当に活かすまでには至っていませんが、そう遠くないうちに大きな馬券が獲れそうで、わくわくしています。

メルマガも参考にさせていただきたく思います。よろしくお願いします。
K.T様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

増田さん初めまして。

木曜日に24の法則が来たので早速本日(30日・土曜日)に試してみました。
京都8R③ファイアナカヤマは第4、第8の法則ですんなり三連複9,340円をゲットしました。(ケイバライフでの推奨はありませんでしたが・・)
馬場が馬場だけに大きな勝負はしませんが、馬を見る目が無い小生としては24の法則を頼りに楽しませて頂きます。

メルマガも楽しみにしていますよ
けん様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

blandford(増田英樹)様、こんにちは。

前からケイバライフブログ楽しんで拝見してます。
blandford(増田英樹)様の「レース回顧」 は、次回の馬券予想に非常に役にたち、美味しい思いと、 興奮を与えてくれました。
私にとっての1番は、ヴィクトリーが勝った皐月賞後の アサクサキングスについての評価です。
「この馬は広いコースで走らせてこそ‥」みたいな事をblandford様は書かれてましたね。
それを読んでいたので、あのウォッカが勝ったダービーで、低評価を嘲笑うかの様なアサクサキングス の粘り込み、直線では、有らん限りの声張り上げて応援しましたよ、アサクサキングス。
その節は、3連複24万馬券、有難うございました ^^;

また、以前の「馬の見方講座 1~7」 はコピーして大切に保管し、たびたび見てます。

今まで、イマイチ分からなかったパドックの見方もblandford様から教えて貰った様なものです。
長崎という地域柄、グリーンチャンネル専門ですが‥

先日のスプリンターズSも、グリーンバーディーは「ふ~ん」って感じで見てましたが、続いて映し
出されたウルトラファンタジーの映像、「こっちの方が良いんじゃない♪」って感じました。
私は、◎ キンシャサノキセキ ▲ サンカルロ の予想でしたが(ワンカラットはノーマークですが‥)
ウルトラファンタジーも急遽買い目に入れて、3連複馬券50,860円「取ったどぉ~!」でした ^^

流石に、blandford(増田英樹)様のように単勝までは買えませんが (と言うより、単勝までの予想が まだ出来ない、が正解です) ^^;
どうにか、ここまでパドック見れる様に成ったのもblandford(増田英樹)様のお陰です。

どうかこれからも、無理しない程度に頑張ってください。くれぐれも 頑張り過ぎないように~ ^^

長崎県 YN様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

つい先日、穴馬発見完全マニュアルを購入しました。

最初は、「秘密が全部わかったら競馬がつまらなくなるんじゃないの?」
なんてひねくれた思いが頭の中を支配して乗り気ではなかったのですが、
あくまで競馬に絶対はないですし、どんな情報も使いこなせるかはその人次第。
そう考えられたら、もっと競馬に詳しくなりたいという気持ちに逆らうこともないってことで。

読ませてもらうと、今まで考えもしなかったこと、
そういうところを見るんだという発見がありの、
漠然とは知ってたけど深く考えていなかったことに細かく突っ込まれていたり、
興味深い裏話があったり、すごく読みやすくまとめられていたので、
大変面白く読ませてもらうことができました。

何より、競馬の楽しみって自分で予想をすることにあると思うので、
その楽しみを損なわずに、競馬に対する考え方、
パドックでの見方が詳しくサポートされているのが凄く良かったです。

最初に自分が思っていた、「競馬がつまらなくなるんじゃ?」
なんて思いは全くの間違いでしたし、今は、これからの競馬が楽しみです♪
blandfordさん、凄いです!
クラスト様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

しかし凄い読みですね。パドックチャレンジは、ある方の紹介で拝見させて頂いていましたが、爆発力の凄まじさに感動物でした。これからも拝見させて頂きたいと思います。

またメールをさせて頂きます。
51歳のお誕生日、おめでとうございます\(^o^)/
これからも御身体御自愛下さいまして、穴馬をバンバン発見されます事をご祈念申し上げます。
H.D.様

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓






∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇∇

(以下、増田さんによる自己宣伝です)

内容のご紹介には、目次を見ていただくのが一番いいと思います。ジックリと、目次の内容をご覧ください。

=============================================================
「オッズ40倍超の穴馬を狙って取れる!穴馬発見完全マニュアル」
目次
(「馬連16万馬券を◎-◯で仕留める驚異の馬券術」を改題)

第1章 誰も気づいていない、日本競馬の秘密
  第1話  まずは、馬券必勝法の存在と、自己紹介から。
  第2話  なぜ、僕は馬連16万馬券を◎-◯で的中させることができたのか?
  第3話  馬券必勝法を手に入れるために僕が実行した、4つのこと。
        そして気づいた、競馬というゲームを成り立たせている、1つの重要な事実。
  第4話  驚愕の事実①
        単勝最終オッズ100倍を超える馬が、どれぐらい激走するのか。
  第5話  驚愕の事実②
        単勝最終オッズ20倍以上の穴馬の激走率は、どれぐらいか。
  第6話  驚愕の事実③
        なぜこんなことが起こるんだろう。これが競馬のブラックボックス。
  第7話  競馬関係者への取材で必ず聞かされた、不思議な一言。
  第8話  メディアには書けなかった、秘密のこと。
  第9話  これだけは書かないでくれよ、と釘を刺されたこと。ここにだけ書いておきます。
  第10話 競馬の「裏情報」はある。それはいったい、どのような形で存在するか。
  第11話 徐々に秘密の核心へ。本当の、競馬のリアルな裏側をお教えしましょう。
  第12話 競走馬のクラス分けシステムに潜む謎と秘密。
        不自然で、大きな偏りに気づかなくてはならない。
  第13話 つまり、まったく勝負にならない馬がかなりいる。超低レベルのレースも生まれる。
  第14話 サラブレッドという動物の特質から考える。なぜ人気通りに馬は走らないのか。
  第15話 こうしたサラブレッドの特質を、馬券か買うときどのように考え、活かせばいいか。
  第16話 さあ、一度まとめてみよう。これが、誰も気づいていない日本の競馬、その半分だ。

第2章 穴馬が激走する理由は、24しかない
  第17話 人気馬が負ける理由は、3つぐらいしかない。
  第18話 穴馬が激走する24の法則。全て公開します。
  第19話 知っておこう。本当の穴騎手は誰か。そして本当の穴厩舎はどこなのか。
  第20話 実例で見る、穴馬激走の理由。みんな、どんな理由でいきなり激走したのだろう。
  第21話 穴馬とトラックバイアスの話をしておこう。
        わずか3点で、3連単156万馬券に手が届く、という実話。
  第22話 トラックバイアスを馬券にどう活かすか。実例で見ると、やや驚きます。

第3章 穴馬発見の最終兵器、馬体均整理論
  第23話 「走る形」をした馬に、人気は関係ない。
        穴馬も人気馬も均等にピックアップする理論登場。
  第24話 ディープインパクトが教えてくれた、走る馬の共通項。
  第25話 サラブレッドの謎を解きほぐす、最強の理論。
        ではご説明いたしましょう。これが、馬体均整理論です。
  第26話 閑話休題。パドックで『消せる』のは、どういうタイプか。見た瞬間に消せる馬の特徴は?
  第27話 これが分かると、馬連万馬券なんか簡単に取れる。馬体均整理論・後半の解説。
  第28話 もう馬券で絶対に負けない。その必勝法とは?馬券の買い方から少し考えてみよう。
  第29話 終わりに。トータルで勝つということ。

=============================================================

内容的に、このテキストの大きなポイントは、次の点です。

   1.誰も気づいていないと思われる日本競馬の秘密について、かなり詳しく書きました。

     ◯穴馬たちの、意外な激走率の高さと、その裏で起こっていること
     ◯競馬のインサイドで取材して必ず聞かされた、「あれ?」という違和感のこと
     ◯メディアには書けなかった、競馬のリアルな裏側の事情
     ◯競馬の、いわゆる「裏情報」はどのような形で存在するのか?その本当の姿は?
     ◯現行のクラス分けシステムが生んだ、大きなひずみと不自然な馬券の偏り
     ◯サラブレッドという動物は、どういう特質を持った生き物なのか?
     ◯その特質は、馬券を考えるときにどう活かせばいいのか?

   2.本邦初公開、穴馬が激走する24の理由を詳細に解説しました。

     ◯ランダムな実例で、激走パターンを詳しく紹介
     ◯100倍超の穴馬でさえ、必ず当てはまる「24の法則」とは?
     ◯前日に競馬新聞を1時間程度チェックするだけで、全レースのチェックが可能
     ◯トラックバイアスの分析で、3連単156万馬券に3点で手が届く実例
     ◯「第1法則」を知ってるだけで、取れる馬券がかなり増える

   3.穴馬発見の最終兵器、「馬体均整理論」を初公開しました。

     ◯パドックで見て一発で消せる馬のタイプとは?
     ◯好調馬が必ず見せる、「重心バランスの良さ」を一発で見抜く方法とは?
     ◯馬体均整理論では、馬のどの部位とどの部位を、どう見るのか?
     ◯ディープインパクトが教えてくれた、走る馬共通の大きな特徴とは?
     ◯馬連万馬券など簡単に取れる奥義とは?


あなたの馬券戦術が、きっと変わります。
自分で穴馬を見つけてみたい人には、とくにオススメ。


このテキストは、なにしろ28年間休まず馬券を買い続けてきた馬券ジャンキー(つまり僕です・笑)が書いたテキストですから、当然、馬券大好きな人にはすぐ役立つ作りになっています。
で、僕の読者さんはわりと馬券歴の長い方が多いんですよね。自分の小遣いを競馬でまかなっているような猛者もいらっしゃるぐらいです。ですので、テキストを書いている時のイメージとしては、中級者以上の方を対象に書いています。
しかしもちろん、馬券を始めたばかりで、友達に差をつけてみたい若い人にも、すぐに使ってもらえる内容となっていますからご安心ください。


             ▼
             ▼
             ▼
             ▼

hyousi.jpg
◇書籍ではありません。PDFファイルでのお届けとなります。
◇A4換算149p
◇秋競馬開幕キャンペーン価格 ※価格有効期間/2011年10月10日
定価24,800円 →→ 15,800円!(税込)

mousikomi.gif




=============================================================

商品のお届けは、メールに添付して、お一人ずつ間違いなくお送りいたします。

◆ご購入の方法
STEP1「お申し込み」ボタンをクリックするとオーダーフォームが立ち上がります。

STEP2 以下の必要事項を入力し、送信して下さい。

STEP3 折り返し、メールにてお振込み口座番号(ジャパンネット銀行・楽天バンク)を
    お知らせいたします。
※営業時間外のお申込の場合、翌日11:00のご案内になります。

STEP4 ご入金(お振り込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。)

STEP4 ご入金が確認できましたら、メール添付で商品をお届けします。

ただいま注文数が多くなっており、ご入金いただいてから商品のお届けまで、まる1日ぐらい頂く場合がございます。あらかじめご了承いただけますよう、お願いいたします。
また、当社営業時間外およびメンテナンス時間帯のご注文の場合は、お届けは翌11:00以降になります。
※ご注文から48時間たっても当社からのメールが届かない場合はお手数ですが下記までお問い合せ下さい。

◆ご利用いただける決済方法
1.銀行振込
ジャパンネット銀行
楽天銀行

◆商品の返品について
商品の返品・返金
商品は、その性質上、返品ができません。
従いまして返金対応も出来ませんのでなにとぞご了承の上、ご注文くださいますようお願いいたします。 商品が再生できない、など何かございましたら、下記までメールでお問合せくださいますようお願いいたします。
追って担当よりご連絡申し上げます。

【お問合せ】info@anauma-news.jp

※お問い合わせ内容入力欄に「決済に関する問い合わせ」「ご注文されたのと同じお名前」「メールアドレス」を明記してください。

◆営業時間
火~日11:00~18:00 月曜定休(その他祝日年末年始、連休など弊社指定の休日あり)


◆個人情報の取り扱いについて
当サイトは利用されるお客様が安心して利用していただく為に、お客様からご提供いただいた個人情報を適切に取り扱い、お客様のプライバシーの保護に努めます。

◆特定商取引法に関する表記
特定商取引法に関する表記ページ」に別途表記しておりますのでご確認ください。

お申込みに際しまして、「使用許諾契約書」を必ずお読みください。
お申込みのメールが弊社に到着した段階で、使用許諾契約書に同意いただいたものとさせていただきます。



(応援のクリックお願いします!)
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ


日時: 2011年10月01日 21:01
カテゴリー: 2 馬の見方/サラブレッドの真実