カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« ネコパンチやコスモヘレノスを買っていては馬券で勝てないなあと思う今日この頃【blandford】 | 自分で言うのもなんだけど、これってやっぱりほかでは見たことがないぐらい面白い【blandford】 »

2011年09月07日

パドックで馬を見るときは、気合や気配じゃなくて、ここを見なくてはいけない【blandford】


馬はレースで短くとも1km、長い場合には3.4kmも走ることになる、というのはかなり重要なことです。これだけの距離を走るのですから、フットワークにロスやムダのある馬が負け、心肺機能ができていない馬が負け、しっかりとしたバランスで走れない馬が必ず負けます。これは、競馬の大きな真実です。

レースというのは、たいていが、こうした「負ける要素を抱えた馬」以外の、「走れる形になっている馬」での争いとなります。どんなに展開に恵まれたとしても、「走れる形になっていない馬」は、勝ち負けの圏内にはやってきません。
そして、「走れる形」になっている馬、つまりレースの勝ち負けに参加する権利をもった馬というのは、多くても出走馬中3分の1ぐらい、普通は4分の1以下ぐらい、というのが平均的なところ。



では、レースに行ってバランス良く走れて、フットワークにロスや無駄がなく、心肺機能がしっかり出来ていて、なおかつ騎手のゴーサインのビビッドに反応できるのはどの馬なのか?



それをパドックでの動作や馬の形から見抜こうとするのが、「馬体均整理論」です。



パドックで見るべきは、「走れる状態になっているかどうか」であって、「気合」とか「気配」とか「落ち着き」とかではありません。
だいいち、物言わぬ馬の「気合」だとか「前向きな気持」だとかを、人間がそう簡単に把握できるものではありません。
プッツン寸前にテンションが上がっている馬はレースでは好走できないので、そういうタイプはしっかり見分けられないといけませんが、僕から見ると明らかにプッツン寸前の馬を「いい気合乗りですね」などと論評するパドック解説者も、けっこういます。


それでは、ダメです。

もっと力学的な、機能的な部分に目を向けないと、馬の良し悪しを見分けられるわけはありません。



レース前にチェックしなければいけないポイントは、5項目だと先日書きましたが、1項目追加して、

(1)重心バランスに関する項目
(2)推進力に関する項目
(3)四肢で走るときの安定度に関する項目
(4)全体の筋肉系の充実度に関する項目
(5)体幹をしっかり支える状態に関する項目
(6)柔軟性と伸縮に関する項目


これがつまり、レース前の馬体で、しっかりチェックしておくべきポイントです。


重心バランスの安定は、走っている時のフットワークのバランスに直結します。また、後肢が生み出す推進力を、無駄なくロスなく、的確に「前へ」と伝えていくためにも、ことのほか重要です。四つ足の動物ですから、我々2足歩行の動物よりもはるかに重心バランスが整うことは難しく、また重要です。

推進力は、それを生み出すシステムが、しっかり連動して最大限の効果を上げることが必要です。推進力を最大限にするために、どこがどのように動いていないといけないか、これが大きな問題です。

馬体の安定度は、レース中のフットワークのムダやロスを最小限に抑えてくれます。ウサイン・ボルト級の馬なら多少のロスがあっても挽回できますが、そんなのは10年に一頭ぐらいしか出ません。(つまりディープインパクト級。)レースでは、フットワークにロスやムダのある馬が、ほとんどの場合、負けます。

筋肉系の充実には2種類あって、それは走る距離に適した筋肉(速筋か遅筋か)の充実度と、馬体を支える筋肉系の充実があります。両方とも、少なくとも1キロ以上の距離を走る「競馬」という競技においは、極めて重要です。

体幹の支えは、筋肉と腱と関節で行います。きちんと支えられていない馬は、速く走るためのシステム系がフル稼働しません。

柔軟性と伸縮は、馬が走る動作に直結するものです。「走る」というのは、「伸縮」を繰り返す動作のこと。つまり、「伸びて、縮む」という動作を的確にできないと、速くは走れません。馬の中には伸びたまま走っている馬がいたり、捌きが硬くて伸縮をまったく使えない馬もいます。



これらのチェック項目、具体的には馬体と歩様のどこを見たらいいのか、そしてどのようにすればん見分けられるのか、ご入会いただくと実例をもとにガッチリ学んでいただけますので、ゼヒどうぞ(^^)



自分で穴馬を発見するあの喜びを、ぜひあなたにも味わっていただきたいものです。



・・・とまあ、そんなことを考えながらサイトを運営している今日この頃です(^^)



こちらもあわせて、ご覧ください。馬体均整理論を学んでいただけるマニュアルです。




参考になった方、ポチッとお願いします(^^)
    ↓
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ


【お知らせ】
ご入会いただけますと、馬体の見方をしっかり勉強できる、「パドック馬体完全解析」並びにレースの詳細分析(いずれも未勝利以外のパドチャ全レース対象)をご覧いただけます。
まずはお気軽に、お試し入会でどうぞ(^^)

■会費/月額2,480円(税込)  ■初月お試し/1,000円(税込)
新規ご入会の方は下のボタンからどうぞ。
再入会の方は、こちらの口座宛に、IDを明記してお振込みいただくだけで手続き完了です。

bt_blog_nyukai_logo.gif   bt_blogguide.gif




★注目★
サラブレッドカルテのサンプルをお送りします。
サンプルを希望する方は、こちらまで「サンプル希望」のタイトルでメールをお送りください。
レースに出走した全馬のパドックの状態とレース内容が詳細に分析されていて、それが時系列で見られるのでとても便利!
どうぞ遠慮く、お気軽に請求してくださいね(^^)


【参考】

moji2.jpg


kinniku.jpg

  ▼
  ▼
  ▼
(右上の部分)
denkingun.jpg

日時: 2011年09月07日 19:13
カテゴリー: 2 馬の見方/サラブレッドの真実