カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 朝日杯FSの単勝絞り~2011年への申し送り【blandford】 | 馬連+馬単でも圧勝、8月下旬以降ここまで100円馬券でプラス454,580円!【blandford】 »

2010年12月23日

8月末以降の3連単の払戻合計が、2,804,940円!しかも100円馬券で。我ながら驚愕・・・!【blandford】



今年の8月ぐらいに「日本の競馬の秘密が分かったような気がします」というエントリを何回か書きました。長いエントリではないので、ぜひもう一度、お読みいただきたいと思います。

  ★馬券必勝法
  ★最も荒れるのは、意外にも中山ダート1800
  ★13人気、単勝オッズ105.2倍の馬を、なぜ推奨できるのでしょうか
  ★2009年全レースの穴馬調査、完了しました
  ★多分もう負けないだろう、という感じがしてきた
  ★単勝オッズ100倍以上の馬が馬券に絡む率が驚くほど高い
  ★なぜ、単勝オッズ284.4倍・複勝75.5倍の超穴馬を推奨できるのか

これらのエントリーには、「競馬で勝つための大きな秘密」が隠されています。
競馬でどうしても勝ちたいと考える人は、ぜひ、再度読んでいただくことを、心からおすすめします。ひとつひとうはそれほど長いエントリーではありませんから、サラッとお読みいただけることと思います。

さてそれで。
僕は最近「単勝+馬連+馬単」というセットにはまっているので、自分でもまったく気づいてなかったのですが、僕のここ4か月の3連単の成績、まったく驚異的です!

僕が「競馬の秘密に気づいた」のが8月の中旬すぎのことですが、それ以降、8月21日から先週までの3連単の的中実績を見ると、なんと、こんなスゴイこと↓になっているではないですか!

買い目のルールは、◎の1着固定流し(相手4頭)と、◯の1着固定流し(相手4頭)。
これだと、買う点数は24点となり、100円ずつ買うと、2,400円となります。
まあ、投資額としてはこれぐらいがギリギリ、バランスの取れるあたりではないかな、という気がします。

それで、的中実績、ちょっと見てみてください↓↓

  ◆8月21日 札幌7R ◎-◯ー▲ 1,566,090円
  ◆8月22日 札幌6R ◯-△-◎ 173,850円
  ◆8月22日 札幌11R ◯-△-▲ 194,480円
  ◆8月28日 3連単的中ナシ
  ◆8月29日 札幌4R ◎-◯-△ 1,380円
  ◆9月4日 札幌10R ◎-▲-△ 90,750円
  ◆9月4日 札幌11R ◯-▲-△ 17,690円
  ◆9月5日 3連単的中ナシ
  ◆9月11日 3連単的中ナシ
  ◆9月12日 中山5R ◎-△-△ 30,890円
  ◆9月18日 中山7R ◎-△-◯ 35,550円
  ◆9月18日 中山8R ◎-▲-△ 3,600
  ◆9月19日 中山5R ◎-▲-◯ 1,010円
  ◆9月20日 3連単的中ナシ

  (9月25日、26日と10月2日、3日の開催4日間は
   パドチャを実施しませんでした)

  ◆10月9日 東京5R ◎-△-△ 3,730円
  ◆10月10日 東京11R ◯-△-△ 315,200円
  ◆10月16日 3連単的中ナシ
  ◆10月17日 3連単的中ナシ
  ◆10月23日 3連単的中ナシ
  ◆10月24日 東京12R ◯-△-△ 29,800円
  ◆10月30日 京都5R ◎-◯-▲ 5,570円
  ◆10月31日 東京8R ◎-▲-△ 4,430円

  (11月6日はパドチャを実施しませんでした)

  ◆11月7日 3連単的中ナシ
  ◆11月13日 東京3R ◎-△-◯ 20,220円
  ◆11月14日 東京1R ◎-△-△ 4,260円
  ◆11月14日 東京6R ◯-▲-△ 51,950円
  ◆11月20日 3連単的中ナシ
  ◆11月21日 東京1R ◎-▲-△ 4,810円
  ◆11月21日 東京9R ◎-△-◯ 14,940円
  ◆11月27日 3連単的中ナシ
  ◆11月28日 東京5R ◎-▲-◯ 3,720円
  ◆11月28日 東京9R ◯-◎-△ 28,020円
  ◆12月4日 3連単的中ナシ
  ◆12月5日 中山7R ◯-◎-△ 6,210円
  ◆12月5日 中山11R ◯-◎-▲ 14,740円
  ◆12月11日 中山7R ◯-△-△ 36,400円
  ◆12月11日 中山9R ◎-◯-△ 35,430円
  ◆12月12日 3連単的中ナシ
  ◆12月18日 3連単的中ナシ
  ◆12月19日 中山7R ◯-△-▲ 110,220円

うーん、こりゃまったく壮観ですね!
ここに虚偽の的中報告などがないことは、パドチャをご覧になってくださってる方が証言してくださるはずです。(8月~9月は表記が分かりにくくてスミマセン。)

100円馬券で買い続けたとして、払戻合計が、この4か月でなんと2,804,940円!
そして、1レースあたりの買い目が24点で、2,400円。
集計期間中のパドチャ対象レースは合計で306レースでしたから、投資額は合計で734,400円。
純利益2,070,540円。回収率は、381.9%!

この4か月で、10万以上の配当を5本も的中させてますね。

僕はこれまで、どちらかというと的中率の落ちる3連単はあまり得意ではないという意識があったのですが、これは、「3連単で高配当ズバズバ当ててます!」と言い切って、いい成績ですよね?

今週末から、馬券を3連単系にシフトしていきます(^^)
みなさんも、ぜひ一緒に、ガッツリ勝ちに回りましょう!

ここまで勝てるようになったのは、どう考えてもやはり、日本の競馬の秘密を知ったことと、馬体均整理論のおかげです。ぜひ、このエントリーの冒頭でご紹介したリンク先を、ご一読ください。

大好評を博した「馬連16万馬券を◎-◯で仕留める驚異の馬券術」(改題して、オッズ40倍超の穴馬を狙って取る!穴馬発見完全マニュアル)が、販売会社さんのご厚意で、年末特別大セールだそうです。↓

本当に、圧倒的な勝ちを目指したい人には、ぜひとも読んでいただきたいと考えています。
これまでにない、感謝・感謝の大特価ですので、ぜひこの時期、じっくりお読みになって、来年は一緒に「圧倒的な勝ち」を目指していきましょう(^^)

人数限定企画ですので、どうかお早めにお申し込みを(^^)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

大人気「オッズ40倍超の穴馬を狙って取る!穴馬発見完全マニュアル」を、なんとなんと!
定価24,800円のところ、大特価14,800円にてご提供!(税込)


100円馬券を買いながら、わずか4ヶ月間に、3連単で280万円以上の払い戻しを受ける、奇跡の馬券術を、いまこそあなたもお買い求めください!

A4版換算で149ページもの大ボリュームですから、年末年始にじっくり読むには最適!
これであなたも、来年は「大きな勝ち」をぜひとも実現してください!

そして、これから先ずっと続く、「トータルでの勝ち」を、ぜひいまこそあなたのものに!

今回は、特別付録として、「競馬場別/芝・ダート別 穴騎手リスト」(エクセルファイル)をプレゼント!
コースごとに、誰が心の穴騎手か、ひと目でわかるスグレモノです!
(集計対象は、東京・中山・京都・阪神の主要4場、2009年版です)

ぜひぜひ、この大きなチャンスを、お見逃しなく!!

hyousi_1.jpg
◇書籍ではありません。PDFファイルでのお届けとなります。
◇A4換算149p

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さあ、いますぐお申し込みを!
mousikomi.gif

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こちらのご購入ガイドをよくお読みの上、お申し込みください。
bt_konyuguid.gif


「オッズ40倍超の穴馬を狙って取れる!穴馬発見完全マニュアル」
目次

第1章 誰も気づいていない、日本競馬の秘密
  第1話  まずは、馬券必勝法の存在と、自己紹介から。
  第2話  なぜ、僕は馬連16万馬券を◎-◯で的中させることができたのか?
  第3話  馬券必勝法を手に入れるために僕が実行した、4つのこと。
        そして気づいた、競馬というゲームを成り立たせている、1つの重要な事実。
  第4話  驚愕の事実①
        単勝最終オッズ100倍を超える馬が、どれぐらい激走するのか。
  第5話  驚愕の事実②
        単勝最終オッズ20倍以上の穴馬の激走率は、どれぐらいか。
  第6話  驚愕の事実③
        なぜこんなことが起こるんだろう。これが競馬のブラックボックス。
  第7話  競馬関係者への取材で必ず聞かされた、不思議な一言。
  第8話  メディアには書けなかった、秘密のこと。
  第9話  これだけは書かないでくれよ、と釘を刺されたこと。ここにだけ書いておきます。
  第10話 競馬の「裏情報」はある。それはいったい、どのような形で存在するか。
  第11話 徐々に秘密の核心へ。本当の、競馬のリアルな裏側をお教えしましょう。
  第12話 競走馬のクラス分けシステムに潜む謎と秘密。
        不自然で、大きな偏りに気づかなくてはならない。
  第13話 つまり、まったく勝負にならない馬がかなりいる。超低レベルのレースも生まれる。
  第14話 サラブレッドという動物の特質から考える。なぜ人気通りに馬は走らないのか。
  第15話 こうしたサラブレッドの特質を、馬券か買うときどのように考え、活かせばいいか。
  第16話 さあ、一度まとめてみよう。これが、誰も気づいていない日本の競馬、その半分だ。

第2章 穴馬が激走する理由は、24しかない
  第17話 人気馬が負ける理由は、3つぐらいしかない。
  第18話 穴馬が激走する24の法則。全て公開します。
  第19話 知っておこう。本当の穴騎手は誰か。そして本当の穴厩舎はどこなのか。
  第20話 実例で見る、穴馬激走の理由。みんな、どんな理由でいきなり激走したのだろう。
  第21話 穴馬とトラックバイアスの話をしておこう。
        わずか3点で、3連単156万馬券に手が届く、という実話。
  第22話 トラックバイアスを馬券にどう活かすか。実例で見ると、やや驚きます。

第3章 穴馬発見の最終兵器、馬体均整理論
  第23話 「走る形」をした馬に、人気は関係ない。
        穴馬も人気馬も均等にピックアップする理論登場。
  第24話 ディープインパクトが教えてくれた、走る馬の共通項。
  第25話 サラブレッドの謎を解きほぐす、最強の理論。
        ではご説明いたしましょう。これが、馬体均整理論です。
  第26話 閑話休題。パドックで『消せる』のは、どういうタイプか。見た瞬間に消せる馬の特徴は?
  第27話 これが分かると、馬連万馬券なんか簡単に取れる。馬体均整理論・後半の解説。
  第28話 もう馬券で絶対に負けない。その必勝法とは?馬券の買い方から少し考えてみよう。
  第29話 終わりに。トータルで勝つということ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

さあ、いますぐお申し込みを!
mousikomi.gif

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

こちらのご購入ガイドをよくお読みの上、お申し込みください。
bt_konyuguid.gif


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


bt_blog_nyukai_logo.gif   bt_blogguide.gif

(応援のクリックお願いします!)
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ   bt-mail-magazine.gif
                     ↑空メールをお送りください。



日時: 2010年12月23日 02:49
カテゴリー: A 日本競馬の秘密を解明