カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 穴馬発見!10/10東京パドックチャレンジ【blandford】 | パドック全頭解説/毎日王冠完全的中、わずか5頭ピックアップでアリゼオの単、そしてエイシンアポロンとネヴァブションを推奨できた理由【blandford】 »

2010年10月10日

パドック全頭解説/9頭立ての8番人気コスモへレノスの単勝を推奨できる理由【blandford】



日曜日のパドックチャレンジ、9レース中8レースの準パーフェクト達成でした。
けっこう難しいレースもあったと思うんですが、われながらちょっと凄いかもな、と(^^;

馬連16万馬券を◎-◯で仕留める驚異の馬券術」の原稿を書いてから、自分でも頭の中が整理できたのか、まずほとんど負けないですね。

今日目立ったのは、まず東京9Rの本栖湖特別。
これは1頭取り消して、9頭立てになったレースですが、勝ったのは8番人気のコスモヘレノス。2着が7番人気のグッドバニヤン
これを、パドチャで推奨していました。ご覧いただいていた方も多いと思いますが。

単勝40.1倍、馬連179.3倍、馬単392.9倍。
これを、5頭ピックアップで、しかも単推奨からキッチリ取れる馬券術って、ほかにありますかね?
 

エラソーですんません、でもこれが「馬体均整理論」なんです。 これ、やっぱり凄い理論です。

グリーンチャンネルのパドック解説者に、「気合乗りが足りないし、身体つきに張りがない、見た目寂しいなといった印象」とボロクソに言われたコスモへレノスですが、馬体均整理論的には「ほぼ必ず好走するんじゃないか?」と思える仕上がりでした。
それに、「穴馬激走の24法則」をからめれば、それほど難しい馬券じゃなかったんじゃないかな、と思えます。

馬連16万馬券を◎-◯で仕留める驚異の馬券術」に書いたので、お読みいただいた方はわかると思うのですが、コスモヘレノス、重心バランスがしっかりできてましたでしょ?
しかもヒザもしっかりと動いて、これは仕上がり抜群なわけです。

買っていただいた方にだけ、「重心バランスの見方」が分かると思うのですが、この馬券、ご購入者様の中で取れた方、けっこう多いんじゃないでしょうか?

重心バランスで言うと、毎日王冠のアリゼオも抜群。これも、ご購入者様なら分かりますよね?よく、映像を見なおしてくださいね。僕のテキストに書いてあるあの部位とあの部位を見ると、すぐに分かるほど、バランス抜群ですから。

コスモへレノスは、実を言うと前走セントライト記念でもかなり状態が良くて、推奨したんです。
でも休み明け(2ヶ月間隔が開くと、僕は休み明けと考えます)・・・の緒戦だったのと、超ハイペースになってしまったので失速でしたが、「馬のデキはいいはずだ」という確信がありましたので、今日の単勝はわりと迷わず買うことができました。

買っていただいた方へのサービスと、これから買っていただく方への宣伝として(笑)、頭数も少ないので、本栖湖特別のパドック全頭解説、やってみましょうか。

1番 コスモヘレノス(8人気/1着)
「馬連16万馬券」のテキストをお持ちの方は、ぜひご確認ください。これが、重心バランスの整った状態で、僕のテキストに書いてあるとおりの歩き方をしています。重心バランスがいいため、馬体に無駄な力が入っていなく、すっと立てていて、腰の位置もいいですね。重心バランスが見えてくると腰の位置も分かるようになりますから、テキストに書いた「あの部位とあの部位」、スローにしてよく確認してみることをおすすめします。(テキスト本文129ページ)
ヒザもしっかり前に動いていて、これで走らなければメンタル面に問題あり、というぐらいの馬体です。(ただ、前走これで負けたので、僕は弱気に単勝しか買えませんでした。馬連馬単は2番から。失敗失敗。)

2番 グリッドマトリクス(6人気/5着)
これもヒザが前の方に動いているんですが、実はちょっとしたマイナスポイントがあるんですよね。これはパドックの時もやや気になったんですが。この件に関しては、テキスト本文135ページをご覧ください。そこの、下から5行目あたりに書いてあることが、今回グリッドマトリクスに起こっていたことでした。やはりヒザの動きは「振り子状」がポイントだと改めて納得しています。

3番 トウショウデザート(2人気/3着)
ボロをしている時の映像で、やや身体が反り返って見えるのでちょっと判断に困りましたが、重要な部分はしっかり連動して動いているので、柔軟性があって悪くない状態でした。

4番 キングスビレッジ(1人気/4着)
これが、テキスト本文「見た瞬間に消せる馬」(第26話、138ページ~139ページ)の、(2)にあてはまるパターンです。で、やや問題があったので、141ページで指摘したような状況となっています。これは、動けない典型的な歩様です。映像を見て、感覚をつかんでくださいね^^ 133ページも参照してみてください。

5番 グッドバニヤン(7人気/2着)
これはヒザがしっかり動いていて、好調です。腹のラインもスッキリとして腰の位置もきちんとキープ出来ていますね。つまり、重心バランスがしっかりしているということでもあります。

7番 ビルトミーアップ(9人気/8着)
ほかに選ぶ馬がいなかったのでパドチャではこの馬をもピックアップしましたが、ヒザの動きはいいのですが、胴体の伸縮が若干足りないんですよね。そのへんの見分け方は本文142ページをご参照ください。今回のビルトミーアップがギリギリ「拾えるかもしれないしだめかもしれない」というラインです。

8番 ベストアンサー(4人気/7着)
これは歩くときの腰に問題があって、馬体均整理論(5)で論じたことが起こっていて、まったく好走が難しいパターンです。
テキストで言うと、136ページから138ページのあたりですね。腰に問題があるので、前後バランスもやや狂っていて、歩き方がゴスッゴスッという感じなんですが、そのあたりのニュアンスは馬体をたくさん見ないと解りにくいかもしれません。

9番 スマートジェネシス(5人気/6着)
これが、、見た瞬間に消せる歩様です。テキスト136ページ~138ページを見て、イメージを脳みそにしっかり定着させてください。こういうタイプを消せると、馬券はかなり楽になります。

10番 マルカボルト(3人気/9着)
腹がやや腫れてる感じに見えますが、身体の柔軟性がないんですね。馬体均整理論(6)で論じたこと(本文140ページ)が問題になっています。


・・・というワケですが、ご購入いただいた方には、メルマガなどの手段で、もっと詳しくフォローをしていきますので、
ぜひ馬体均整理論を身につけて、ガシッとでかい馬券当ててください!


(応援のクリックお願いします!)
にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へ


(参考)

moji2.jpg


日時: 2010年10月10日 16:59
カテゴリー: パドック全頭解説