カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« ケイバライフ・ブログが来週スタートします | 中京パドックチャレンジ »

2008年05月25日

オークス予想【blandford】

banner2.gif
ランキングに参加しています。ワンクリックご協力お願いしますm(_ _)m


一週間かけて「単勝絞り」をやってきましたが、ここに来てまったく違う馬を本命にしようとしているblandfordです、こんにちはm(_ _)m

まあ「単勝絞り」は平日の遊びのようなもんでして、自分自身、それほどあの結果に縛られてるわけではありませんのです。ここは「データ派」ではなくて「感覚派」のイメージを前面に出してみます(意味ないけど)。


さてそれで、レース分析の形ではまったくまとめられていないんですが、いちおう桜花賞、フローラS、スイートピーSを見てみました。忘れな草賞はメンバーを見る限りレベルやや低めなので、時間もないことですし、パス(^^;;

僕はだいたいラップを横目にレースを見ているんですが、その結論としては、
「桜花賞の上位馬、普通に強いじゃん」
というものでした。
桜花賞は全体に息の入らない苦しい流れになったために、体力満々の馬じゃなければ上位に来られない、というレースだったように思います。オークスで前日一番人気のリトルアマポーラは、桜花賞では、ゴール前息切れして失速気味です。府中のクイーンCであれほどいいレースを見せた馬がラストやや苦しくなったレースなので、やはり桜花賞がこれまでのレースの中ではもっともハイレベル。

で、レースをよく見てみると、ソーマジックは完全に瞬発力で負けてます。
4着のハートオブクィーンは逆に瞬発力に欠けるタイプ。
こういう負け方をした馬が次走舞台の変わるG1で巻き返して1着になるシーンというのはあまり想像がつかない感じがしちゃいましたよ。


桜花賞で、最も体力満々に、どこまでも伸びていきそうな走り方をしていたのは、勝ったレジネッタ。
もっとも、フットワークが中距離型だったのが、2着のエフティマイア。

この2頭は、桜花賞でいきなり浮上したタイプですが、しかし一気にトップクラスに駆け上がったのは間違いなく、僕の目には、フロックだったようには見えませんでした。

血統的にもそれぞれいちおう裏づけがあって、エフティマイアは3代母がマイア。その、マイアの仔に、古いファンには懐かしい名前のアルゼンチンタンゴがいます。レジネッタは4代母がFall Aspen。これは、ティンバーカントリーのお母さん。


レッドアゲートはジリ脚ぎみで、府中だとやや瞬発力が足りないかも?
マンハッタンカフェの産駒がG1を勝つシーンもややイメージしにくく、△~▲という感じ。

むしろ魅力は、ものすごい切れ味だったアロマキャンドル。これはどこまでも伸びていきそうな走り方で、東京の鬼という感じがしました。


◎レジネッタ
○エフティマイア
▲アロマキャンドル
△レッドアゲート
△ソーマジック


リトルアマポーラは、この舞台でレジネッタとエフティマイアに勝てないんじゃないかな・・・?
と思ったので、僕は消しです。枠順も不利かな?

馬券は、レジネッタの単。エフティマイアの単。
レジネッタから馬連と3連複。

いったいなんのための単勝絞りですか、と方々から突っ込まれそうな予想になりました(笑

さらに、レッドアゲートかソーマジックが勝ったら、もっと笑われる予想ですが、僕は今回のオークスの予想は、かなり気に入りました(笑


では皆様、どうぞ良い馬券をm(_ _)m




フリートークのコーナー、「オークスを語ろう!」に皆さんの確定予想をどうぞm(_ _)m




日時: 2008年05月25日 04:01
カテゴリー: オークス