カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 私はアンチ・気合い乗り派 | 【2/21結果報告】東京5R・3連単26,820円、東京7R馬連4,180円的中 »

2015年02月20日

ヤリ・ヤラズの考え方


【最近の記事】

arrow32-001.gif私はアンチ・気合い乗り派
arrow32-001.gif馬は背中で走る
>>>ハープスターの敗因【馬体面から考察】
>>>【結果報告】2月15日東京パドック・9R・3連単37,650円的中
>>>【結果報告】2月14日東京パドック・11R・馬連1,730円的中

ちょっと競馬のことが分かってきた気になったファンが「言ってみたい言葉」の上位にランクされるのが、「今回はヤラズだよ」的なこと(笑

いや、もちろん↑この書き出しの2行はテキトーなことを書いてるわけですが、しかし「ヤリ・ヤラズ」ということがあたかも本当に存在するかのごとく、したり顔でつぶやいたりすると、いかにも事情通っぽいわけですよね。
大抵の人は何の根拠もなく、ただカッコつけて言ってるだけですけどね。

僕も実を言うとこの「ヤリ・ヤラズ」というのは、ある程度存在してもおかしくはないだろうな、とかつては思ってました。
まあ、とくに、1000万条件の6歳馬、7歳馬、8歳馬あたりですね。
現在の競馬は昔と違って「勝つと即昇級」ですから、もしかすると馬主サイドから「どんなに調子良くても勝たないでくれよ」的な事は、場合によってはあるのかなー、と。

とくにダートの場合はこのあたりのクラスの層が厚いですし、1000万と1600万ではかなりレベルが違いますから、7歳で1000万を勝って1600万に入ると、延々と掲示板にすら乗れないレースが続く、というような可能性がかなり高いですからね。
それなら、1000万下で着賞金拾ってきたほうが稼げるでしょう、と。

とまあ、そういうことを考えていたことがかつてはあるんですが、しかし今はハッキリ断言しますが、「ヤリ・ヤラズ」というのは、ほぼ無いですね、間違いなく。

間違えてだろうが、うっかりだろうが、いろんなことがうまく噛み合って、馬が「走れる形」に仕上がってしまった場合、どうやったって馬は激走します。
しかも、他馬がたいしたことのない仕上がりだった場合、そういう馬は勝つ可能性が極めて大です。

昔々、民主党政権だった頃、世界一を目指すスーパーコンピュータの関連科学者に向かって、「世界で2番めじゃダメなんですか?」と間抜けなことを得意げな顔で言った議員がいましたが(しかも、どうも洒落たことを言ってるつもりのような顔までしてましたが)、まあ、それと似た話なわけです。

「世界一」を目指して、何カ国も何十カ国もしのぎを削っている中で、「2番めでいい」と考えている国がたどり着けるポジションは、その「世界一を目指してしのぎを削る十カ国ぐらい」の次のポジションです。
結果として、「世界で2番目」を目指すということは、厳しい競争の中で、単にズルズルとポジションを下げていくだけで、11番目か12番めになるのがやっとです。(そんなことも分からない人が政治家をやってるかと思うと、本当に情けなくなりますが。)

そういうわけで、「本当は1000万を勝てる力があるのに、『着賞金がほしいから勝たなくていい』などと考えている陣営」がたどり着ける着順は、10着か11着、という場合が大半です。

現代の競馬のレベルアップは、「一部のトップクラスのレベルアップ」では決してなくて、1000万、1600万下あたりのミドルクラスのレベルアップですから、それほど甘くはないわけです。

と、ここまでは「馬は仕上がってるのに走らないでおく、という意味での『ヤラズ』」ということをお話しています。

そして、そういうケースは、決してありません。

馬は、「確実に走る形」に仕上がっていれば、確実に走ります。7歳馬だろうが8歳馬だろうが、同じことです。
単に、加齢によって、7歳や8歳になってくると、「確実に走れる形」にまで仕上がらないケースが多いだけです。
こういうのは「ヤラズ」とは言いません。
単に、力が衰えてきているだけですからね。

というわけなので、先週の日曜日の小倉12R、どう見ても「走ると思えるんだけど」と見えた9歳馬がいましたが、僕はこれが『9歳馬だから』という理由だけで、単勝を買えずに複勝だけにとどまりましてね、やや残念な思いをしましたが、僕の古くからの知人は、この9歳馬の単勝、しっかり買っていたらしいです。さすがです。

■2月15日小倉12R 1着 ストロングロビン複勝のみの僕の馬券

kokura.png

ストロングロビン、なんと2011年4月23日に500万下の平場を勝って以来の、3年10ヶ月ぶりぐらいの勝利でした。なんと、1000万に昇級してから、27戦目。

単勝が2820円、複勝が630円。
戦歴を考えれば納得の配当ですが、しかし、あの仕上がり方に対して、これはあまりにつきすぎでした。

外差し気味の馬場にもある程度助けられたかもしれませんが、堂々たる勝利で、明らかに完勝でしたからね。僕は、「仕上がりがどうもいいが9歳馬だし勝つまではいかないかな」と、極めて常識的に考えて、配当は複勝のみ。
一方、僕の知人は「いいから買う」という極めてシンプルな発想で、単勝をゲット。

まあ、馬券を買うとは、そういうことなわけです。古い常識にとらわれていると、美味しい果実を逃してしまうわけです。


(応援のクリックお願いします!!)→ にほんブログ村 競馬ブログ 馬体・パドック理論へにほんブログ村


※会員エリアでは毎週土日、5R以降「パドックチャレンジ」をレース10分前ぐらいに公開しています。

※パドックチャレンジをリアルタイムでご覧になりたい方は、ぜひ入会をご検討ください。尚、ご入会いただくと、馬の見方に関する過去のアーカイブもすべて自由に閲覧していただけます。

「穴馬発見完全マニュアル」についても、ちらっとご覧ください。いまだに、加筆・訂正の必要をまったく感じない、決定版です。
まずはお気軽に、お試し入会でどうぞ(^^)

■会費/月額1,870円(税込)  ■初月お試し/1,000円(税込)
新規ご入会の方は下のボタンからどうぞ。
再入会の方は、こちらの口座宛に、IDを明記してお振込みいただくだけで手続き完了です。

bt_blog_nyukai_logo.gif   bt_blogguide.gif

ケイバライフ!の退会はとても簡単で、翌月の会費をご入金いただけない時点で、自動的に退会となります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【初めての方へ】
当サイトは、元優駿ライターの私blandfordが個人で運営しているサイトです。
競馬の事なら、ラップ分析に関しても、血統に関しても、展開読みに関しても、馬の個々の能力の評価に関しても人並み以上に知識がありますが、いまは「パドックの馬体を見て馬券を当てる」ことに特化して展開しています。
なぜなら、この方法が、これまで試した馬券術の中でもっとも「勝ち続ける」ことに近い方法だからです。

馬の見方に関しては、パドック解説者がよく言うような「気合」とか「毛艶」とか「走る気」とかは一切見ません。なぜなら、そんなものは競走成績に一切関係ないからです。

僕が見るのは、[筋肉系、体幹、骨格系、全体の連動バランス]に関して、8項目をチェックします。
サラブレッドは鍛えられたアスリートなので、「レースで走るための体の各部の機能がしっかり充実しているかどうか、そしてそれがしっかり連動性よく動いているかどうか」という部分をチェックする必要があります。

会員エリアでは、月々の会費1,870円をいただいて、僕だけの独自なユニークの馬の見方を生かして、「パドックチャレンジ」というタイトルで、レース直前にパドックからの推奨馬を配信しています。また、【限定メルマガ】として、馬見に関するいろいろな知見をメルマガで配信しています。

興味のある方は、初月はお試しで1,000円となっていますので、ぜひご入会をご検討ください。

以前会員だった方にお知らせですが、再入会のご案内メールをさし上げるのを今後は停止させていただきます。再入会をご希望の方は、IDをご明記の上、会費をお振り込みいただければ手続完了ですので、気になった方はお気軽にどうぞ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ※ パドックチャレンジの結果報告について ※

 馬券の的中報告は、以下のルールに基づいて出しています。
 -------------------------------------------
 [単 勝] ◎◯▲の3点買い
 [複 勝] ◎の複勝がかなりついたとき
 [馬 連] 5頭のボックス
 [馬 単] ◎からの流し、ウラオモテ
 [3連複] 5頭のボックス
 [3連単] ◎1頭軸の流し、マルチ
 -------------------------------------------
 ※ 連勝系の馬券は、絶対にボックス推奨です。
 



日時: 2015年02月20日 23:10
カテゴリー: パドック馬体研究